腎不全は一説によると発症してから末期状態になってしまうと致死率ほぼ100%と言われている病です。そんな猫の腎不全から、大事な猫ちゃんを守るためにはどうすれば良いのか?猫の腎不全を予防する方法をご紹介していきたいと思います。

■人間の食事を与えない
人間の食事は猫ちゃんにとって、基本的に塩分が高すぎる場合が多いです。人間が少し薄味かな?と思う食事であっても、猫ちゃんにとっては2週間分の塩分量になることもあるそうです。猫ちゃんのご飯は必ず、キャットフードや、もしくは猫ちゃんが食べても問題が無いような食べ物を与えてあげましょう。

■栄養補助食品を食べさせる
腎臓の機能を助ける役割があるビタミン類などを定期的に与えることで、猫が腎臓病になるリスクを抑えることが出来るという研究データが出ているそうです。サプリメントも安いものではないので、少なくとも週に1回程度でも、腎臓の機能を助けるサプリメントを与えるように心がけてみて下さい。

これらの予防法を幼い時から行うだけで、猫 腎不全の発症率がぐんと下がると言われています。もう大人の猫ちゃんでも、これから予防法を行うだけで発症率が下がることに違いはありません。猫ちゃんの健康を守るためにも、飼い主さんが食生活などに気を付けてあげて下さい。

猫の腎不全はどんな病気なのか

| コメント(0)

猫ちゃんの死亡原因上位の常連と言われるほど恐れられているのが腎不全です。一体、それほど恐れられている猫の腎不全とはどのような病気なのでしょうか?猫の腎不全について説明していきたいと思います。

■腎臓が機能しなくなる病気
猫ちゃんの腎臓が、様々な原因によって機能しなくなる病気の事を腎不全と言います。猫ちゃんの腎不全は、腎臓の約60%程が働かなくなると発症されていると言われており、人間やワンちゃんに比べて発症する可能性が高いと言われています。また、この腎不全には大きく分けて、慢性腎不全と急性腎不全という種類が存在します。

■発症するとどうなるか
腎臓は、体内の水分や塩分の量を調整しておしっこを作り、体内の老廃物を体外に排出する働きがあります。ですが、腎臓が機能しなくなることでこれらの大事な働きが失われるため、猫ちゃんの体の中にどんどん老廃物が溜まっていってしまいます。その結果、体が弱り、食欲不振や体重減少につながり、最終的には死に至ってしまうのです。

猫 腎不全は、犬や人間に比べると死亡率が高いと言われています。完治させることは難しく、極端な例では発症してから一週間もたたずに命を落とす猫ちゃんもいるという恐ろしい病気ですが、早期発見・早期治療を行うことで、延命をさせることが可能です。


猫の腎不全の治療法について

| コメント(0)

あなたの大事な家族の一員である猫ちゃん。そんな大事な猫ちゃんの腎臓が全く機能しなくなる恐ろしい病、それが腎不全です。"腎不全"を発症した場合、このような治療が行われます。

■注射
尿毒素を増やさない様にするためのホルモン注射や、血液の流れを良くするための点滴を行うことで、症状を緩和させます。

■内服薬
内臓(特に胃です。腎不全になると胃液が大量に出てくる可能性があります)を守るための薬や、体内の毒素を薬に染み込ませ、便と一緒に排出させる効果がある薬などを服用していきます。これらの薬を飲むことで、症状の緩和、病気の進行を抑える働きがあります。

■食生活の改善
高カロリー・高塩分な人間の食べ物を与えないことはもちろんですが、腎臓の働きを弱める可能性があるナトリウムやリンを出来るだけ食べないように調整していきます。また、腎臓の機能を助けるビタミンなどのミネラルを摂取することも有効とされています。

猫は犬や人間などの他の動物に比べて腎臓が小さく、どうしても腎不全を発症する可能性が高いと言われています。猫 腎不全になった場合は、飼い主さんと猫ちゃんが力を合わせて病気に立ち向かっていかなければなりません。猫ちゃんと足並みを揃えて、腎不全に立ち向かいましょう。

猫の腎不全の進行を遅らせ、腎臓の働きを助ける効果があると言われている食べ物やサプリメントをいくつかご紹介していきます。


■食べ物

  • カッテージチーズ
  • ヨーグルト

これらの食材は、良質なたん白質でありながら、猫に必要な必須アミノ酸も含まれている食材です。(必須アミノ酸は人間と同じで、猫ちゃんにも摂取を推奨している栄養素のことです)スーパーなどでも購入することが可能な食材ですので、猫の腎不全を発症している猫ちゃんはもちろん、発症していない猫ちゃんにもオススメの食材として重宝されています。

■サプリメント

  • ビタミンB
  • ビタミンC
  • カルシウム

人間にも欠かせない栄養素であるこれらのミネラル成分は、猫ちゃんにとっても必要な存在です。食材を通して摂取させてあげるに越したことはありませんが、猫ちゃんには食べさせてはいけない、または食べてくれない食材もありますので、これらの成分はサプリメントで摂取させてあげることをオススメします。

お近くのペットショップや、最近では、インターネットでも幅広く猫用のサプリメントが販売されていますので、入手は比較的難しくないでしょう。生物が健康的に生きるためには食事バランスは常に考えなければいけないもの。猫ちゃんにとっても同じことが言えますので、飼い主さんが色々と考えてあげて下さいね。

猫の腎不全になった際の初期症状

| コメント(0)

発症すると死亡率が高いとされている、猫の腎不全。早期発見し、早期治療が出来るかどうかが猫ちゃんの命を左右するのですが、腎不全は初期症状が見分けにくい場合があり、病気が末期まで進行してからやっと気が付くということも珍しくありません。そのため怖い病気と一般的に言われているのです。

猫の腎不全の主な初期症状として

  • 食欲が無くなる
  • 体重の減少
  • 寝てばかりになる
  • トイレの回数の増加(何度も行くものの量はさほど出ていない)


などですが、初期の段階では、「前に比べたら少し食べなくなったかな?」とか「毎日寝てばっかりだし異常はないよね」と見過ごされることもあり、目に見えて症状が悪化していると分かった時には既に手遅れになっていることがほとんどです。これらの症状からだけでは腎不全と判断するのは大変難しく、末期の腎不全になってから病院に駆け込まれる飼い主さんが少なくないのが現状です。

毎日様子を観察しているだけでは、気まぐれな猫ちゃんの異変に気が付くことは難しい為、出来る事なら動物病院などの専門機関で、定期的な検査を受けさせてあげるるのも一つの手です。素人目では全く分からないこともある猫 腎臓 病気だからこそ、定期的に検査を行うことで猫ちゃんを病から守ってあげる必要があります。